草加市のまつの歯科 ブログ

院長ブログ

2016年7月30日 ひろのばセミナーに参加してきました。かみ合わせの悪さや、口呼吸は足が原因だったかもしれない。

ひろのばセミナーに参加してきました。

ひろのばセミナーとは、理学療法士の湯浅慶朗さんが行っているセミナーです。

人の姿勢が悪くなる原因の多くは足にあることを気付き、全国で公演をなさっています。

人はしっかり立つことで姿勢を安定させます。

しっかり立つには足の指を大きく広げなければなりません。

例えば、逆立ちをするとき、手の指をくっつけた状態では上手く逆立ちができませんよね。

しっかり安定した逆立ちをするためには、大きく手を広げますよね。

それと同じように、足の指をしっかり広げることができるとしっかり立つことができて姿勢が
安定します。

IMG_1423[1].JPG
画像は湯浅先生の足指でしっかり開いています。

上は受講生の足指で全然広がっていません。

多くの人は足指が広がっていないためにしっかり立つことができず悪い姿勢になってしまいます。

IMG_1412[1].JPG
人は二本の足で立ってバランスをとるので、足裏がしっかりしていないと骨盤、背骨、頭の位置
をゆがめて姿勢を保とうとします。

結果的に悪い姿勢になってしまうという事です。

悪い姿勢によって鼻呼吸がしづらくなり、口呼吸になったり、頭の位置が傾くことで歯並びが悪
くなってしまいます。

裸足で生活していればこのようにならないのですが、人は靴を履いて生活します。それ自体は
悪くないのですが、靴の選択や履き方で足裏をダメにしてしまっているという事です。

それを元に戻すにはどうしたらよいかを教えてくれるのが、今回のセミナーでした。

非常に奥が深そうなので、これからも学んでいきます。

ちなみに湯浅先生の書いた書籍がこちら。



セミナー終了後にスタッフに食事に誘われ、行ってみたところ、私の誕生日をサプライズで祝って
くれました。

かわちゃん、神田さんありがとうございました!

IMG_1432[1].JPG
IMG_1433[1].JPG

ブログ アーカイブ